リースとレンタル

コピー機のリースとレンタルの違いをご存知でしょうか。両方とも、借りている人の資産にならないという点では同じではないのかと感じてしまいます。しかし、この二つは大きな違いがあります。

契約リースの最大の魅力は、リース期間中あたらしいコピー機を初期費用が無料で使えるという点につきます。ただし契約期間中は解約ができないため、途中で不要になってしまってもその代金は支払う義務があります。しかし、契約期間が満了し再度リースを契約する場合には新しいコピー機を選び契約となるため、経年劣化によるトラブルはリース期間によってはあまり気にせずに済む場合もあります。

レンタルの場合は、最短1日から借りることが可能ですが初期費用や保守料金がかかることもあります。しかし、長めに契約していて使い終わったので解約するなどの融通が利くため気軽に借りることが出来ます。更にリースと異なり長期に渡り借りるわけではないため、リースにはある審査はありません。そのため、審査が無い分早く借りることが出来ますがレンタルされるコピー機はリースのように最新機種ではなく中古の中から選択することになるため、自分が望んでいる機種が選べないこともあります。

このように、リースとレンタルでは大きく異なるため、自分の使用する期間などと相談し導入することをお勧めします。

リースのメリット

コピー機を検討しているときに、購入する場合とリースをするのではどちらが良いのかと悩むことがよくあります。購入になれば、コピー機は自分の資産となりえるため、良いこと尽くしのようにも見えます。しかし、多くの企業においてはコピー機をリースで運用しています。

費用そもそも、リースのメリットとは何だとお考えになりますか?コピー機は購入するのならそれなりの費用が掛かります。さらに、購入者が企業である場合はそこに税金がかかったり、価値を償却させていったりと購入後においても費用が掛かります。更に費用を安くしようと中古で購入すると、不便なまま壊れるまで使い続けなくてはいけない場合もあります。しかし、リースでコピー機を導入した場合、所有者は自分ではないため経理上は販売管理費のリース料のみで会計上は終わります。そのため、経理としての管理がリース料1本ですむ魅力があります。しかし、リースは当初に期間を決めて契約するため、その契約期間が終わるまで解約できませんが、逆に契約期間が終わったら最新機種で契約することが出来るため、一定期間で必ず最新機種に容易に入替えすることが出来るため、経年劣化による保守などの手間が削減できます。

管理の手間などの面で考えるとリース契約は大変有効ですが、費用面で考えると購入した方がリース契約の内容次第で安くなることもあります。しかし、それは台数が増えた時にはその限りではありません。リース契約によるメリットは、リースの台数が増えた時に本領が発揮されるのです。長期契約になるリースや短期契約であるレンタルなどを上手に活用してコピー機を導入してみてはいかがでしょうか。

コピー機の所持方法

現在企業においては、コピー機はビジネスにおいて無くてはならないものになっています。しかし、購入を考えた時にはすぐに簡単に変えるものではないため、その所持方法もいろいろあります。

毎日使うものならば、購入した方が安いのではないかとお考えになる方は多いでしょう。確かに、自己資産となるため目に見える資産にはなります。しかし、企業になると10万円以上の物品に関しては、20万円未満の金額であれば一括償却資産、20万円以上になれば固定資産として会計処理が必要になり、課税対象となったりと経理上の手間だけでなく、決して安くはないためコピー機に対して万が一の時のための保険を掛けたりと、更なる費用が掛かることもあります。

コピー機コピー機をリースやレンタルすることは、確かに使用料などがかかり一見割高に見えますが、使用する期間などでリースかレンタルを選ぶことで購入するよりも気軽に使用することが出来ます。さらにリースであれば、契約時に最新機種を選ぶことで経費であるのに最新のコピー機を導入できます。次のリース契約時に最新のものを選択して行くことで、経理上の煩わしさが皆無で最新のコピー機に定期的に交換できるメリットもあります。ただし短期契約を行うレンタルと異なり、長期契約となるリースは期間の縛りがあり途中解約はできません。そのため、2年以上利用する予定ならリースを、それ以下ならレンタルを利用するのが一般的になっています。

コピー機の所持方法によって、それぞれメリット・デメリットがあるため自分に合った方法でコピー機を検討してみてはいかがでしょうか。

コピー機をお得に使う

コピー機の導入を考えた時、その方法は購入のみではありません。そのため、どの様に導入するのか悩みどころでもあります。

コピー機もし、コピー機を使用したいけど期間限定の事務所であったり、短期間しか使わない予定であるのなら、コピー機を購入してしまうのはとてももったいない話です。更に、その期間が2年未満であるのなら、最新機種を選ぶことは出来ませんがレンタルで運用することが有効です。借りるのならレンタルよりリースの方が安くなるのではないかとお考えになる方もいらっしゃるでしょう。しかし、期間が短期になるのであればリースではデメリットが際立ってしまいます。仮に3年以上確実に使用するのであれば、リースする方が望ましいです。同じコピー機を所有するだけの話であるのに何が違うのでしょうか。リースは、途中解約ができない長期契約となるため規定年数までは費用を支払わなくてはいけません。それに対しレンタルもは、簡単に借りることが出来簡単に契約解除が出来ますが、搬入などの初期費用が掛かったり、リースより費用が高く設定されています。そのため、短期間であるのならレンタルはとても有効な手段となるのです。

また、購入であればそれは関係ないと感じられますが、購入した場合、短期でしか使用しないのであれば使用後のコピー機の処分など問題が生じます。逆に長期で使用するのであれば、良いのですがそもそも20万円を超えるコピー機を購入した場合、固定資産税がかかったりその価値を毎年減価償却させる費用や手間が生じます。複数台になってくるとその計算はさらに複雑になります。リースやレンタルであれば、所有者は自分ではないためそれらは掛からず経理上はリース代だけで済み経理上の負担は少なくなります。

このように、一口でコピー機の導入といっても、コピー機を利用する期間などにより一概にどれが良いとは言い切れません。こちらでは、その中でもリースを活用するシーンにおいてお得になる点について述べて行きます。コピー機を導入される方のお役に立てれば幸いです。