リースとレンタル


コピー機のリースとレンタルの違いをご存知でしょうか。両方とも、借りている人の資産にならないという点では同じではないのかと感じてしまいます。しかし、この二つは大きな違いがあります。

契約リースの最大の魅力は、リース期間中あたらしいコピー機を初期費用が無料で使えるという点につきます。ただし契約期間中は解約ができないため、途中で不要になってしまってもその代金は支払う義務があります。しかし、契約期間が満了し再度リースを契約する場合には新しいコピー機を選び契約となるため、経年劣化によるトラブルはリース期間によってはあまり気にせずに済む場合もあります。

レンタルの場合は、最短1日から借りることが可能ですが初期費用や保守料金がかかることもあります。しかし、長めに契約していて使い終わったので解約するなどの融通が利くため気軽に借りることが出来ます。更にリースと異なり長期に渡り借りるわけではないため、リースにはある審査はありません。そのため、審査が無い分早く借りることが出来ますがレンタルされるコピー機はリースのように最新機種ではなく中古の中から選択することになるため、自分が望んでいる機種が選べないこともあります。

このように、リースとレンタルでは大きく異なるため、自分の使用する期間などと相談し導入することをお勧めします。


**関連記事**

  1. コピー機をお得に使う
  2. コピー機の所持方法
  3. リースのメリット