リースのメリット


コピー機を検討しているときに、購入する場合とリースをするのではどちらが良いのかと悩むことがよくあります。購入になれば、コピー機は自分の資産となりえるため、良いこと尽くしのようにも見えます。しかし、多くの企業においてはコピー機をリースで運用しています。

費用そもそも、リースのメリットとは何だとお考えになりますか?コピー機は購入するのならそれなりの費用が掛かります。さらに、購入者が企業である場合はそこに税金がかかったり、価値を償却させていったりと購入後においても費用が掛かります。更に費用を安くしようと中古で購入すると、不便なまま壊れるまで使い続けなくてはいけない場合もあります。しかし、リースでコピー機を導入した場合、所有者は自分ではないため経理上は販売管理費のリース料のみで会計上は終わります。そのため、経理としての管理がリース料1本ですむ魅力があります。しかし、リースは当初に期間を決めて契約するため、その契約期間が終わるまで解約できませんが、逆に契約期間が終わったら最新機種で契約することが出来るため、一定期間で必ず最新機種に容易に入替えすることが出来るため、経年劣化による保守などの手間が削減できます。

管理の手間などの面で考えるとリース契約は大変有効ですが、費用面で考えると購入した方がリース契約の内容次第で安くなることもあります。しかし、それは台数が増えた時にはその限りではありません。リース契約によるメリットは、リースの台数が増えた時に本領が発揮されるのです。長期契約になるリースや短期契約であるレンタルなどを上手に活用してコピー機を導入してみてはいかがでしょうか。


**関連記事**

  1. コピー機をお得に使う
  2. コピー機の所持方法
  3. リースとレンタル