コピー機の所持方法


コピー機現在企業においては、コピー機はビジネスにおいて無くてはならないものになっています。しかし、購入を考えた時にはすぐに簡単に変えるものではないため、その所持方法もいろいろあります。

毎日使うものならば、購入した方が安いのではないかとお考えになる方は多いでしょう。確かに、自己資産となるため目に見える資産にはなります。しかし、企業になると10万円以上の物品に関しては、20万円未満の金額であれば一括償却資産、20万円以上になれば固定資産として会計処理が必要になり、課税対象となったりと経理上の手間だけでなく、決して安くはないためコピー機に対して万が一の時のための保険を掛けたりと、更なる費用が掛かることもあります。

コピー機をリースやレンタルすることは、確かに使用料などがかかり一見割高に見えますが、使用する期間などでリースかレンタルを選ぶことで購入するよりも気軽に使用することが出来ます。さらにリースであれば、契約時に最新機種を選ぶことで経費であるのに最新のコピー機を導入できます。次のリース契約時に最新のものを選択して行くことで、経理上の煩わしさが皆無で最新のコピー機に定期的に交換できるメリットもあります。ただし短期契約を行うレンタルと異なり、長期契約となるリースは期間の縛りがあり途中解約はできません。そのため、2年以上利用する予定ならリースを、それ以下ならレンタルを利用するのが一般的になっています。

コピー機の所持方法によって、それぞれメリット・デメリットがあるため自分に合った方法でコピー機を検討してみてはいかがでしょうか。


**関連記事**

  1. コピー機をお得に使う
  2. リースのメリット
  3. リースとレンタル