コピー機をお得に使う


コピー機の導入を考えた時、その方法は購入のみではありません。そのため、どの様に導入するのか悩みどころでもあります。

コピー機もし、コピー機を使用したいけど期間限定の事務所であったり、短期間しか使わない予定であるのなら、コピー機を購入してしまうのはとてももったいない話です。更に、その期間が2年未満であるのなら、最新機種を選ぶことは出来ませんがレンタルで運用することが有効です。借りるのならレンタルよりリースの方が安くなるのではないかとお考えになる方もいらっしゃるでしょう。しかし、期間が短期になるのであればリースではデメリットが際立ってしまいます。仮に3年以上確実に使用するのであれば、リースする方が望ましいです。同じコピー機を所有するだけの話であるのに何が違うのでしょうか。リースは、途中解約ができない長期契約となるため規定年数までは費用を支払わなくてはいけません。それに対しレンタルもは、簡単に借りることが出来簡単に契約解除が出来ますが、搬入などの初期費用が掛かったり、リースより費用が高く設定されています。そのため、短期間であるのならレンタルはとても有効な手段となるのです。

また、購入であればそれは関係ないと感じられますが、購入した場合、短期でしか使用しないのであれば使用後のコピー機の処分など問題が生じます。逆に長期で使用するのであれば、良いのですがそもそも20万円を超えるコピー機を購入した場合、固定資産税がかかったりその価値を毎年減価償却させる費用や手間が生じます。複数台になってくるとその計算はさらに複雑になります。リースやレンタルであれば、所有者は自分ではないためそれらは掛からず経理上はリース代だけで済み経理上の負担は少なくなります

このように、一口でコピー機の導入といっても、コピー機を利用する期間などにより一概にどれが良いとは言い切れません。こちらでは、その中でもリースを活用するシーンにおいてお得になる点について述べて行きます。コピー機を導入される方のお役に立てれば幸いです。


**関連記事**

  1. コピー機の所持方法
  2. リースのメリット
  3. リースとレンタル